カードローンに申し込みをするのに必要な情報を集めました

カードローンの申し込みの流れとしてはまず申込みをして審査を受け、契約をして借り入れとなります。申込みですが、方法にはたくさんの種類があります。インターネットや電話から、また郵送を使ったり、無人契約機やATMや直接店頭からでも申込む事ができます。好きな方法で行う事ができます。

 

審査は、申し込み内容と個人の情報に基づき確認をして行います。審査には2通りあって自社審査と保障会社の審査があります。自社審査はカードローンを扱っている会社自体が行う審査で、保障会社の審査とは借りた本人が返済できなくなった場合、替わりに返してくれる会社のことを言います。注意点としては自社審査と保障審査の2つとも通らないと契約はできないということです。

 

審査が終わると次は契約です。このときに運転免許などの身分が証明できるものを提出します。しかし他社からもローンを組んでいる場合には、今回の借り入れ額とあわせて100万円以上になる場合などは、収入証明書の提出も必要となります。

 

契約が終わると借り入れとなりますが、契約の方法は申込みの方法によって違いますので、申し込む際に確認をしておく必要があります。申込みから借り入れまで最短であれば当日カードを発行してくれる会社や、当日から利用できる銀行があります。

 

【お金を借りる】免許証がない場合は健康保険証でもいいの?

お金を借りる時に必要なものは、消費者金融と銀行で大きく異なります。消費者金融の場合は、必要書類として準備しなくてはならない書類はほとんどありません。自分の身分を証明することが出来ればマイナンバーに限らず、住基カードなどでも構わないですし、免許証でも認められています。健康保険証などでは足りないケースもありますが、身分証明書があれば問題ないので審査に支障はありません。

 

一方で、銀行などで大きな金額を借りる時には給料明細や源泉徴収書などが必要になることが大半です。印鑑証明も必要になることがあるため、必要書類の数は多くなります。消費者金融の場合は、キャッシングという少額融資を中心としてお金を貸していますので、銀行のような細かい書類の提示を求められることは稀です。実際に、収入の証明を行うときであっても書類を提出しなくても良いことがほとんどです。そのかわりに、銀行で行われない特殊な審査が行われることもあります。代表的なものが、在籍確認と呼ばれる審査です。在籍確認は、細かい書類の審査で収入の証明をしなくても良い代わりに、職場への電話によって収入証明を行うことを意味します。そのため、消費者金融と銀行では必要書類も審査内容も異なると覚えておくことです。

 

キャッシングで審査が通らない時にするべきこと

キャッシングにおいて申し込みをした後にかならず通過しなければならないのがお金を借りる審査です。申し込みをする時点でも、たとえば年齢が満20歳以上で安定した収入がある人などといったいくつかの条件を満たすことが必要ですが、それだけでは十分ではないのが実際のところです。審査通らない場合には正式に契約をすることができず、したがってお金を借りることも難しくなります。審査の内容は秘密にされていますので銀行や消費者金融などの会社ごとに違いがあると見られますが、一般には申し込みをした人の属性をさまざまな項目に分けて、それらに点数付けをする、スコアリングとよばれる方法が採用されています。

 

収入が安定していて倒産の心配もない公務員は、一般企業のサラリーマンよりはスコアが高く、同じサラリーマンでも勤続年数が長い実績がある人ほどスコアは高くなります。また過去に借金の踏み倒し、自己破産などのトラブルがあった場合には、大きくマイナスにはたらき、それだけでも審査通らないことがあり得ますので、よほど注意をしておかなければなりません。一般には銀行などの正規の金融機関よりも、ノンバンクにあたる消費者金融系のほうが審査が甘いといわれています。

トップへ戻る