おばあちゃんを説得してお金を貸してもらうには

どうしてもお金が必要な時にまず頼るのは家族です。家計をやりくりしている主婦の場合、まずは旦那さんや祖父または祖母や兄弟といったところです。子供が十分大人になっている場合は貸してくれるかもしれません。また子供がお金を借りる時はおじいちゃんやおばあちゃんに頼ることが多いです。子供からの頼みとあっては喜んでお金をあげるでしょうが大人が身内にお金を貸し借りする場合は注意が必要です。なぜなら身内や親族間のトラブルの多くは金銭的な面がとても多いからです。

 

直接貸し借りをしなくても借金の連帯保証人になってしまい、結果連帯保証人に借金の取り立てが来ることもあります。身内は頼りやすい反面、一度問題が起こると他の親戚を巻き込んでしまい、最悪の場合絶縁とか訴訟にまでなってしまう危険があります。そうなる前にまずは第三者に相談してみるのもひとつの手です。金融機関にも相談してみるのもいいことです。以前と違い、現在は正社員ではなくてもお金を借りることができるケースがあります。銀行からお金を借りるのは何も住宅ローンや自動車ローンといった大きな買い物だけではありません。金利も昔と比べてだいぶ下がっています。身内を頼ってトラブルになる前にまずは相談してみた方がいいです。

 

大切な友人や恋人から関係を崩さずにお金を借りる方法

生活費というのは、収入の範囲内でやり繰りするのが基本中の基本です。ですが頭では理解していてもついつい買い物し過ぎたり、飲みに行き過ぎたりしてお金を使い過ぎる事があります。その結果、生活費が不足する事態に追い込まれたりするので注意が必要です。そうなった場合にはお金の使い過ぎを反省しつつも同時に、不足した生活費の穴埋めが必要だったりします。

 

最近ではこういったケースでは、カードローンやキャッシングで借入してピンチを凌ぐ人も珍しくありません。ですが貸金業者からの借入に抵抗を感じる人も、未だに多いです。そういった場合は、身近な人にお金を借りてピンチを乗り切る必要があります。例えば友達や恋人、仲の良い同僚といった人から借りるケースが多いです。ただし身近な人から借金する際には、次の給料日までといった具合に短期間だけ借入する様にする必要があります。特に恋人とはいえ異性から長期間お金を借りると、金銭トラブル化するケースが多いので避けるべきです。

 

更に友達ではなく、知人程度の人に借金するのも金銭トラブル化し易いので避ける事をおすすめします。他にも会社の先輩や上司からお金を借りるというのも、避けるべきです。お金にだらしないという悪い評価が付いて、出世に響く可能性があります。

トップへ戻る