プロミスは専業主婦でも借りられる?

最近は主婦の間でもキャッシングを利用することが普通になってきましたね。働く主婦の方は、一定の収入があればキャッシングの申し込みができますが、自分に収入がない主婦の場合、キャッシングは可能でしょうか?

 

プロミスのキャッシングの申し込み条件には、「年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方※主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合お申込みいただけます。」とあります。これによると、自分に収入がない専業主婦の場合は申し込みができないことになりますね。

 

実はプロミスだけでなく、大手消費者金融ではどこも専業主婦には融資をしていません。
なぜかというと、自分に収入がない専業主婦に貸付をする場合は、配偶者の同意書や婚姻関係を証明できる住民票などの書類の提出を求めなければならないからです。これらの書類の処理にかかる手間やコストを考えると採算が合わないので、専業主婦には貸付をしていません。それで、専業主婦の方は銀行カードローンか中小規模の消費者金融レディースローンの利用を検討してみてください。

 

プロミスフリーキャッシングの手軽な返済方法

お金を消費者金融で借りるのはますます便利になっています。返済もさまざまな方法でできるようになっているので忙しい人は特に助かります。

 

プロミスにも会員がスムーズに返済ができるようにさまざまな返済方法がありますので、プロミスATMやお客様サービスプラザ(店頭窓口)に足を運ばなくても24時間いつでも返済することができます。

 

インターネットの返済なら、パソコンやケータイ、スマートフォンから銀行振込で返済ができます。土日でも、金融機関営業時間外でも、すぐに処理が完了するので、その後の追加の融資も受けることができます。インターネット返済はプロミスインターネット会員サービスから利用してください。三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行、みずほ銀行のインターネットバンキングを利用していればすぐに返済ができます。

 

もちろんお客様サービスプラザ(店頭窓口)に来店しての返済も可能です。来店のメリットは、返済計画など相談しながら返済できることです。そのほか、全国にあるプロミスATMで返済できます。コンビニが近くにあれば、ローソン、ミニストップ、ファミリーマートでも24時間いつでも返済ができます。ローソン、ミニストップのLoppi、ファミリーマートのFamiポートなら返済手数料は0円です。

 

それから、近くの銀行からプロミス口座へ振込みで返済することも可能です。ただし、振込手数料は自己負担となります。

 

キャッシングの返済は約定日に必ずするようにしてください。遅延があると遅延損害金が発生しますし、信用情報機関にも不利な記録が残ってしまうので、気をつけましょう。

 

プロミスのキャッシングを利用するのに必要な書類

キャッシングをスムーズに利用するためには、提出書類を不備のないように揃える必要がありますね。ここではプロミスのキャッシングを利用するのに必要な書類についてご説明したいと思います。

 

まず、必要なのは本人確認書類です。本人確認書類として提出できるのは、※「運転免許証」、「健康保険証」または「パスポート」のうち1点です。外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」も必要になります。

 

また、希望の借入額が50万円を超える場合や希望の借入額と他社での利用残高の合計が100万円を超える場合は収入証明書類が必要になります。収入証明書類は、源泉徴収票(最新のもの、)確定申告書(最新のもの)、給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)のうちの1点になります。

 

プロミスは貸金業者なので貸金業法に基づいて貸付をするため、銀行のカードローンよりは提出書類が多くなっています。希望の借入額が多いと提出書類が多くなってちょっと面倒ですが、スムーズに借り入れをするために事前にきちんと準備しておいてくださいね。

トップへ戻る