バイトでキャッシングを考えているのなら!用意するべきもの

自営業やフリーランスなどの個人事業主でもお金を借りられる方法で考えられるものに公的融資があります。民間から借り入れをする場合には事業実績が重視されるため、起業や独立などの実績のないときには審査に通りにくくなっていますが、公的融資であればこれに適した用途のものもあるのが特徴です。非営利であるため金利も低く、融資の種類によって異なりますが、保証人が必要なものであっても金利を少し高くすることで保証人なしでも借りられます。この場合でも2%台であるため、銀行から借りるよりも好条件です。融資を受けられるまでには時間がかかるので、計画的に申し込みましょう。

 

銀行や消費者金融から借りる場合には、カードローンは事業性の資金に使うことが禁止されているものが多いので、ビジネスローンを使うのが良いでしょう。法人でも利用できるものがありますが、申し込むのは個人事業主専用のものが良いです。対象が最初から絞られているので審査の融通が利くのがメリットです。また、ビジネスローンは消費者金融を利用する場合でも総量規制の対象外になるので、高額の借り入れにも利用できます。ただし、金利はカードローンと同程度になるため、有利な条件になるわけではありません。

トップへ戻る