今すぐお金を借りたいのなら自分の職業にあった商品を選ぼう!記事一覧

公務員や会社員は契約社員や派遣社員の方と比較すると収入が高く返済能力が高いと見なされることが多いので、銀行系カードローンがおすすめのキャッシングになります。何故ならば銀行系カードローンは消費者金融と比べると金利が低いことが多いからです。消費者金融が提供するカードローンの年利が、およそ5%から18%ぐらいであることが多いのに対して、銀行系カードローンの年利は、およそ3%から15%ぐらいであることが多...

専業主婦でもお金を借りる方法はあります。たとえば銀行系カードローンのなかで、専業主婦でも可能とあらかじめアナウンスされているところを選ぶことが挙げられます。銀行系カードローンの申し込みをする場合には、本人の住所氏名をはじめとして、職業や年収、家族構成などを用紙に記入させられるのが普通です。専業主婦がお金を借りるのであれば、本人の年収自体はありませんので、配偶者を含めた世帯の収入がいくらになっている...

年金受給者がカードローンでキャッシングする場合、利用条件を確認する必要があります。定年退職してから受給しているような場合には年齢の上限に達しているため利用できない場合があります。年金を収入に含めていない金融機関もあり、無収入と同じ扱いになるので契約条件を満たせません。この場合はアルバイトやパートなどをしていれば問題ないです。また、年金だけでも利用できるところもあるので探してみましょう。ただし、年金...

自営業やフリーランスなどの個人事業主でもお金を借りられる方法で考えられるものに公的融資があります。民間から借り入れをする場合には事業実績が重視されるため、起業や独立などの実績のないときには審査に通りにくくなっていますが、公的融資であればこれに適した用途のものもあるのが特徴です。非営利であるため金利も低く、融資の種類によって異なりますが、保証人が必要なものであっても金利を少し高くすることで保証人なし...

自営業やフリーランスなどの個人事業主でもお金を借りられる方法で考えられるものに公的融資があります。民間から借り入れをする場合には事業実績が重視されるため、起業や独立などの実績のないときには審査に通りにくくなっていますが、公的融資であればこれに適した用途のものもあるのが特徴です。非営利であるため金利も低く、融資の種類によって異なりますが、保証人が必要なものであっても金利を少し高くすることで保証人なし...

銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングを利用する際には、申し込みを行いその後審査を受けてそれに通らなければなりません。審査の際に重要視されることの一つは安定した収入があるかどうかです。金融機関としては貸し倒れを最も恐れますので、安定した収入があることは大きな条件となっているのです。そのため公務員や会社員は審査に通りやすくなっています。しかし、不景気を脱出しつつあるといはいえ、まだまだ派遣会社...

大学生などの学生でも誰にもバレないでお金を借りれる学生向けのローンやカードローンのキャッシングがあります。学生がお金を借りる前には審査を通すためにいくつかの要件があります。大学生や専門学校生であっても20歳以上でアルバイトやパートで少しでも安定収入を得ていればカードローンの審査を受ける事が出来て、キャッシングでお金を借りれます。但し一部の銀行系のカードローン会社では、例え20歳を超えていても親の同...

外国人でも銀行カードローンやキャッシング、または消費者金融を利用してお金を借りることが出来ますが、日本で働いていて日本の住所がある方のみになります。外国籍でも居住が日本なら認められるということです。もちろん日本人同様審査があります。カードローンの審査を受ける際に必要な書類は、身分証明書、パスポート、外国人登録証明書、在留カード、特別永住者証明書ですが、カードローン会社によって必要書類が異なるので、...

たとえ日々真面目に勤務していたとしても、水商売や夜職であるという情報が伝わった途端カードローンやキャッシングの審査を通過するのが困難になります。そこで、非常にハードルが高くなってしまうのにも関わらず、金銭を取り急ぎ用意しなければならないというジレンマを抱えている水商売の方々に対して提供されているのが、夜職や水商売に従事している方に向けたキャッシングサービスです。レディースキャッシングなど呼び名が様...

トップへ戻る